読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【VBA】VBAといってもExcelVBAだ

ExcelVBAの勉強を少ししてみた。


プライベートでのメインマシンは、MacBookだけど、
仕事ではOSがWindowsだし、
いやでもOfficeは使う。
特にエクセルは一番使う。
職業柄、コーディングのためのエディタを一番使いそうなもんだけど、
思った以上にエクセルを使う。
いや、使わされると言った方が正しい。
ワードもたまに使うけど。


その、使わされるというのは、
成果物のフォーマットのほとんどがエクセルってこと。
何でもかんでもエクセルで何とかしようっていう文化が、
イマイチ好きになれんけど・・・
エクセルは確かに便利だけど、万能じゃない。
エクセルのことを大して知らないから、イイところが分からないだけかな。


とか言いつつ、とにかく仕事ではエクセルを使うしかない立場に居るわけだ。
でも、学生時代にはほとんどエクセルは使ったことがなかったし、
仕事でも、エクセルの関数とか、ほとんど知らない。
知らない便利な機能もきっとあるだろうし、
もっと効率的な方法も沢山あるんだろうと思う。
でも、知らなくても、遠回りな方法でも、
自分の知ってるやり方で何とかやっていける。
こんな理由で、エクセルについて深く知ろうとしてこなかった・・・


でも、イヤでも仕事ではエクセルを使うんだし、
プログラマらしく、VBAくらい使えるようになって、
作業の効率化に活かせるようになろう!
作業をマクロで自動化するって、かなり便利なんじゃね?
って、ずっと、ず〜っと思ってきた。
VBAに過度の期待をしてきた。
で、やっと実行したってわけ。
これが、ExcelVBAの勉強を始めた理由。


で、実際に簡単なマクロを作ることができるようにはなった。
他の言語を知ってる人なら、すぐ身に付きそう。
でも、これを仕事で活かせるレベルまでは、そう簡単にはいかなそう。
今は、マクロ作るのに時間取るより、マクロ化しないで手作業で仕事進めた方が効率イイんじゃないか?
っていうありがちなオチになるレベル。


しかし、長期的に何度も繰り返し使う作業に対してだったら、
ある程度時間をかけてマクロを組んでも、リターンを取り戻せると思う。
というか、このマクロって、そういうもんだよな。
使いどころを見誤らなければ、結構な使える技術かも。


管理作業が多いような、上の立場になったら、
特に使えそうだな。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村