読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バグ製造機

今日は仕事で、大きなミスをしてしまいました。
いえ、むしろ、大きなミスをしていた事が発覚したと言った方が正しいでしょう。

以前このブログにも書きましたが、現在、ウォークスルーというものを行っています。
分かりやすく言えば、コードレビューのようなものです。
そのウォークスルーの中で、修正したはずのコードが一部直っておらず、
また修正しなくてはならないという事が発覚しました。

大きなシステムの開発となると、
単純に修正すれば良いというものではありません。
勝手に修正してしまい、それが他の機能へ影響が及んでしまう事すらあるからです。

システム開発は、
設計、製造、試験など、各工程が分かれています。
そして私のプロジェクトはウォーターフォールモデルで進められているのですが、
ウォーターフォール形式では、工程が進んでしまったら、もう後ろの工程に戻る事は
原則許されません。
どうしても、過去の工程で修正が必要な場合でも、難しい作業となってしまうのです。

現在の工程と言いますと、試験工程でありまして、
試験工程でのレビューで、製造工程のバグが発見されてしまったというのが、
今回の大きな問題なのです。
これにより、チームリーダーには多大な迷惑をかける事になってしまいました・・・

今ならすぐにバグだと分かるようになったものも、
数ヶ月前の私には、バグだという事すら気付かなかったのです。
確かに、その頃の自分と比べての成長は感じますが、
自分の愚かさ加減に呆れてしまうと共に、悔しい思いで一杯です。