読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拠点がアチコチにあるんだから、そりゃコミュニケーション能力必要になるわ。

自分の職種は、SEで、システムエンジニアってやつ。
でも、実際の仕事内容は、PG。
プログラマと言った方がイイ内容。


どちらが上かとかいう話じゃなくて、
仕様決めの段階から関わらず、
決められた仕様を元に、開発を行うという立場を、
自分の中ではプログラマと思ってる。


作ったものが、仕様さえ満たしていれば、
確かに問題ない。
それが客から求められていること。


でも、その仕様の背景が分からなかったり、
どんな用途で使われるか分からないまま、
作ることが結構多い。


作る方のこちら側としては、
どんな用途で使われるかを加味した試験をしたいわけだし、
仕様に問題があるかどうかの判断基準も欲しいわけだ。
仕様を決める権限が無いとはいえ、
作る側の立場から問題提議するのは必要だと思うし。


って、こんなことを普段から思うんだけど、
実際は、言われたままというか、
決められた仕様を満足させるものを作るという、
どうしても受け身になりがちな仕事に感じてしまう・・・


イデアを形にするという技術を知っているという意味では、
プログラマの重要性は高いが、
要求分析とか、全体に関われるのが理想だな。
品質のことを考えるのなら、
そういう当たり前のようなことを実現するのが大事かも。


システム開発にありがちな問題は、
開発工程だけでなく、
業界の構造そのものにもあるんじゃないかな。


そう考えると、
全部自分たちで作ってるような小さな会社に勤めるのが、
特に成長できて、
仕事を楽しめるのかも。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村