読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身の意思の弱さを本当に認めているのか?

周りに流されやすい人は、意思が弱いと言われる。


周りに流されることは、絶対ダメというわけじゃないけど、
やっぱり、自分の考えありきで、物事を選択したい。


となると、その流されやすい性格を直すために、
自分の意思を強く持たなくては・・・と思うわけだ。
意思が弱いということが原因だからだ。

かといって、それが簡単にできるのなら苦労はしないし、
そのような、修正が難しい性格的な問題を、
いきなり解決しようとするから、
結局は、解決できずに、ズルズルと後にひきずるわけだ。



それなら、視点を変えてみるのはどうか。
その、周りに流されやすいという自分の欠点。
いや、特徴を活かすという視点だ。


自分の理想とする人達が沢山居る場所、コミュニティ、
といった環境に自分の身を置いてみる。
周りに流されてもイイ環境にだ。
例えば、社会人が多く通っている大学院など。


仕事と勉強は、強い意志がないと両立しづらい。
でも、それに果敢に挑戦してる人達が身近に居て、
なおかつ、自分もその環境に加わるわけだ。


その結果、良い影響を受けるおかげで、
自分が成長でき、
根本的な問題だった、「意思の弱さ」という点までも
乗り越えることができるかもしれない。


とはいえ、結局は、
良い環境と思えるところに自分の身を置くという、
一歩を踏み出す勇気と行動力は必要なわけだ。



意思の弱い自分が、
自分だけの力で変わろうとしても、
結局は、その意思の弱さに負けるわけだ。
自分の意思の弱さを本当に認めているのなら、
今の自分の意思を簡単に信じちゃダメだ。
自分の弱い意思の力だけで、理想を叶えることができると考えちゃダメだ。
自分を裏切らない自分になるのは、
そう簡単じゃない。
でも、難しくもない。


大事な一歩だけを踏み出す勇気と行動力さえあれば、
それがキッカケになるんだから。
って思う。

こうやって、自分に言い聞かせる。



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

にほんブログ村 IT技術ブログへ