読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焦りすぎ・・・

今月号のPHP研究所の雑誌「THE21」で、
ある人が、こんなことをおっしゃっています。

「実力を付けたければ、目の前の峠に登れ」
「今の仕事をしている自分は本当の自分ではない。」
「もっと成長できる仕事をしたい。」
「最近の若い人は、目の前の峠に登る前から
 峠の先の世界を夢見る傾向がある。」

これは今の私にピンポイントで当てはまる言葉でした。
現在の仕事に対して、本当の意味で本気になれていないのです。
遠くばかりを見て、足元を見ることができていないという
今の私にとても当てはまる言葉でした。

焦りすぎている自分がいるのは確かです。
しかし、焦りすぎて空回りしているというのが今の私です。
あれこれ手を付けようとしてしまいますが、
まずは目の前の仕事に対して、集中しなくてはいけないと
思わされた言葉でした。

THE 21 (ざ・にじゅういち) 2007年 06月号 [雑誌]